合宿免許へGO

合宿免許のメリットとデメリットを徹底解説

18歳になると自動車の運転免許を取得できます。車が好きな人は一刻も早く運転免許を取得し、車でドライブに出かけたいと思うようになるのではないでしょうか。運転免許を取得するには自動車学校に通って講習を受け、免許を取得する方法と決められた場所で合宿をし、運転免許を取得する方法とがあります。

合宿免許のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

合宿免許とは

合宿免許とは言って一定期間宿泊施設に滞在しながら、運転免許用のカリキュラムをこなして最終的には免許を取得する方法です。合宿をするからと言って自動車学校に通う場合と授業内容は全く変わりません。学科も技能も必要とされる受講時間は同じです。

そして卒業後の対応も合宿によって免許を取得したからと言って変化することはありません。

学校に通うよりも短期間で免許を取得できる

合宿免許に通う最大のメリットが自動車学校に通うよりも短期間で免許を取得できることではないでしょうか。自動車学校の場合、自分で授業を受ける時間を決めてその都度通うことになるのですが、日時によって授業の内容が異なるうえに予約がいっぱいになればその時間は受講できません。

自分の受けたい学科や技能の授業に空きがないとなかなか先に進めなくなるため、その分免許取得までに時間がかかることになります。更に自分で自由に授業を受けれるという環境が仇となって学校に通うのが面倒になり、免許取得までに時間がかかるといった人も多いです。

合宿免許の場合はカリキュラムによって授業内容が決められているため、合宿免許に参加した人全員が必ず必要とされる学科や技能の講習をこなすことができます。一日に受講できる時間も自動車学校に通うよりも明らかに多いため短い期間で卒業することができ、AT車限定ならばおよそ2週間程度で免許を取得することが可能です。

授業料が自動車学校に通うよりも安い

合宿免許では授業料はもちろんの事、合宿中の宿泊料金や食事代などが全て含まれたものとなっていますが、それでも自動車学校に通うのと比べるとかなり安いです。また合宿免許は時期によっても料金が変動します。受講を希望する人たちが殺到する夏休みなどの大型連休中は料金は割高ですが、それ以外のオフシーズンはかなり安いため、あえてその時期を狙って合宿免許を取得するといった人も多いです。

更に自動車学校に通って免許を取得する場合、技能講習などで合格をもらえなかった場合は追加で授業料をWで支払うことになりますが、合宿免許の場合は追加で講習をうけることとなっても別途料金を支払う必要はありません。

また、合宿する場所までの交通費を免除してくれるようなところもあるので、料金を比較してより安い合宿免許に通うようにすると良いでしょう。

自動車学校と違って充実感を得られる

自動車免許の合宿に通っているのは運転免許を取得するという同じ目的で集まった人たちばかりです。共通の話題がすでにできているので、学科で赤らないことの相談をしたり技能講習での運転技術などを話し合っているうちに全くの赤の他人と仲良くなるという機会もとても多いです。

合宿中に気の許せる友人ができるとより楽しいものとなるでしょう、中には異性同士で意気投合し、恋人同士になったという例もあります。また、合宿免許は全国各地さまざまな場所で実施しています。カリキュラムは過密ですし、それ以外にも学科や技能などの勉強もしなければいけないため、自由な時間が十分に確保できるとはいいがたいですが、それでも観光地で合宿すればちょっとした旅行気分を味わうことができます。

合宿所によっては運転免許と同時にスキューバーダイビングのライセンスを取得できるようなところもあります。合宿する場所でどの合宿免許に通うかを選ぶのも悪くありません。

自宅周辺とは交通環境が異なる

これはデメリットと言っても良いかもしれませんが、合宿免許では基本的に自宅から遠く離れたところで宿泊しながら授業を受けることになります。したがって自分の家の近くの道を走行するようなことはありません。特に都市部に住んでいる人が田舎の合宿所に、田舎に住んでいる人が都市部の合宿所に通うと、自宅周辺とは大きく異なる交通環境の中授業を受けることになります。

自動車を運転するときはいろいろな道を走る事にはなるのですが、特に免許を取って一人で運転するときは自宅周辺の道路をしっかり練習してからの方がいいという人は合宿免許よりも最寄りの自動車学校に通った方が良いでしょう。

更に雪国での合宿の場合、冬場に技能講習を行うときは雪道を走行することとなります。雪道を走行する経験はしないに越したことはありませんが、自宅がほとんど雪の降らない地域だとあまり授業で得た知識を活かせる場が出てこないということも考えられます。

まとまった休みがないと参加できない

普通車のAT限定でも最低2週間は合宿する必要があるため、まとまった休みを取得できなければ合宿に参加する事は難しいです。

学生ならば夏休みや冬休みなどの長期休みがあるので参加しやすいですが、社会人が2週間も休みを取得するというのは至難の業です。会社から合宿で免許を取得するよう通達でもない限り、社会人が合宿免許に参加出来ないのではないでしょうか。

そもそも合宿免許の場合、補習の授業料は自動車学校側が負担することもあって年齢制限を定めている場合がほとんどです。

学校によって何歳まで受け付けているかは異なりますが、補習を受ける確率の少ない25歳までを対象にしていることが多いです。また学生でも合宿免許に通う際にはバイトを休まないといけないのでその分収入は減少しますし、休みを取得しても大事上部かきっちりと確認を取っておく必要があります。

また合宿期間中に友達が旅行に行くと言ってもその期間は参加することはできません。合宿するが故の制約がいろいろとあるというのはデメリットの1つといえるでしょう。

会話が苦手な人には辛い環境

積極的にかくぁをする必要はありませんが、合宿では相部屋となることが多いです。そのため良好なコミュニケーションを築くためにはある程度の会話が必要と言えます。相手が話しかけても全く応えなかったりしていると、そのうち部屋の中で孤立し、ひとりぼっちになります。

合宿中は自然にグループが出来ることが多いですが、どのグループにも属せないと辛い合宿生活を送ることになるでしょう。そして指導員から指示やアドバイスをもらいたければこちらから話しかけることも時には必要です。

したがって会話が苦手な人には合宿免許はあまり向いていないのかもしれません。

参考情報「合宿免許
Scroll To Top